ソニエリ、日本仕様の「Xperia acro」発表=ワンセグやおサイフを搭載

Xperia Acro

日本仕様のXperia Acro

ソニー・エリクソンは2011年5月5日(英国時間)、スマートフォン「Xpeira」シリーズの新モデルとして「Xperia acro(アクロ)」を発表した。基本スペックは「Xperia arc」と同じだが、日本市場をにらみ、ワンセグをはじめ、FeliCa、赤外線データ通信機能などを搭載するのが特徴。発売時期は今年の夏頃で、カラバリはホワイトとブラックの2種類。発売するキャリアは未定だ。

「Xperia acro」の仕様として、プロセッサは米QualcommのSnapdragon(1GHz)、GPUはAdreno 205、液晶パネルは4.2インチタッチスクリーン(フルワイドVGA:480×854画素)、カメラは810万画素(裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」採用)、OSはAndroid 2.3などとなっており、HDMI端子を備えている。

基本スペックは、現行の「Xperia arc」と変化はないが、日本向け独自機能として、ワンセグ受信機能をはじめ、おサイフケータイ(FeliCa)、赤外線データ通信を備えているのが大きな特徴だ。

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズのバート・ノルドベリ社長は、「日本は最も重要なマーケットであり、今回最新のテクノロジと、日本のユーザにおなじみの機能を搭載したフラッグシップモデル“Xperia acro”を発表できることをうれしく思う」と述べている。

This entry was posted in Tech and tagged , , .