Microsoft、Windows AzureツールキットのiOS版公開=Android版は夏‎に公開

Azure Toolkits for Devices

Azure Toolkits for iOS/Android/Windows Phone

米Microsoftは2011年5月9日(現地時間)、同社のクラウドコンピューティングプラットフォーム「Windows Azure」に対応するモバイルアプリ開発キット「Windows Azure Toolkits for Devices」のアップデートを公開した。Windows Phoneに加えて、新たにiOSとAndroidのサポートが加わった。

Windows Azure Toolkitsを使うことで、デベロッパは開発作業の効率化が図れるほか、各OSプラットフォームごとに最適なコードを記述してくれるので、各デバイス性能を最大限に引き出すことができるようになる。

iPhone/iPad/iPod touchに対応するiOS版「Windows Azure Toolkit for iOS (v1.0)」は、コードライブラリ、サンプル、ドキュメント、Cloud Readyパッケージなどで構成されている。
MSによると、Visual Studioのように、Microsoft製特殊ツールに詳しくないデベロッパでも、ダウンロード後すぐに開発が進められるとしている。

また、2週間以内には、Windows Phone向けアップデート「Windows Azure Toolkit for Windows Phone (v1.2)」が公開予定。ウィザード、自動セットアップ、ツールおよびコードなどといったWindows Azure Access Control Serviceのほか、Windows Azure Storage Queuesのフルサポート、Webアプリ開発時のユーザインターフェースの刷新などが組み込まれる。

Android向け「Windows Azure Toolkit for Android」は、現在Prototype Preview版が公開されており、iOSやWindows Phone版と同じ機能が組み込まれる正式版は2011年夏頃にリリースされる予定だ。

This entry was posted in レポート and tagged , , , , .