Apple、Thunderbolt Displayの出荷開始=Mini DisplayPortディスプレイとの連結は不可

Thunderboltディスプレイの連結制限

Mini DisplayPortディスプレイとの連結は?

Appleはようやく27インチ「Thunderbolt Display」の出荷を開始した。

これにあわせてAppleがアップしたサポートドキュメントによると、Thunderboltポートを装備した現行のMacコンピュータは、2台のApple Thunderbolt Displayを連結接続することができるが、MacBook Airは例外であり、1台のみのサポートに限定されると記載されている。

また、13インチMacBook Proについては、2台目のThunderbolt Displayに接続した場合、Mac本体のディスプレイが使用不可となるので注意が必要だ。

一方で、Mac miniの上位モデルは、内蔵AMDグラフィックカードの恩恵を受けて、HDMIポートに接続したディスプレイのほかに、さらに2つのThunderbolt Displayをサポートする。

また、LED Cinema Displayを含むMini DisplayPortディスプレイは、Thunderboltポートに直接接続することができるが、「Thunderbolt Display」のThunderboltポートには接続して使用できないとのことである。

つまり、Mini DisplayPortディスプレイは、チェーン接続の最後に配置する必要があるため、Thunderbolt DisplayとLED Cinema Displayの2台をデイジーチェーン配線することはできないことになる。

Apple Thunderbolt Displayの価格は84,800円。2台のThunderbolt Displayディスプレイを接続することで、700万ピクセル以上の作業領域が得られることになる。

話はそれるが、このサポートドキュメント内の「iMac Late 2011」という記述は、ひょっとっしたら「iMac」のアップデート(プロセッサ刷新などのマイナーアップデート)が近日中に行われることを意味しているのかもしれない。
【Updated】数時間後、「Late 2011」の記述は削除された。

This entry was posted in Apple, Mac and tagged , .