ソニー、「Tablet S」発売開始=「iPad」追撃へ

ソニーは9月17日、Android搭載の新型タブレット「Sony Tablet」の国内販売を開始した。米国でも現地時間16日に発売となった。

この日発売されたのは、9.4型ディスプレイ搭載の「Sシリーズ」Wi-Fiモデル(16/32GB)。価格はオープンだが、店頭価格は16GBモデルが4万5000円前後、32GBモデルが5万3000円前後となっている。

ソニーはこれまで、電子書籍に特化した「Reader」を発売してきたが、タブレット型多機能端末の投入は初となる。

ビックカメラ池袋本店と有楽町店では同日、「Sony Tablet」の発売記念イベントが実施された。

なお、「Sシリーズ」の3G+Wi-Fi対応モデル(16GB)および折り畳み式の「Pシリーズ」(3G+Wi-Fiモデル)は、今年10月から11月頃に発売予定だ。


「Sony Tablet S」発売記念イベント

 

WSJのWalt Mossberg氏は、ソニー初のタブレットマシンについて、デザイン性やバランスの良さを「クレバーだ」と高く評価しており、iPadキラーとして「購入の候補に挙がる」と述べている。

 

This entry was posted in 新製品 and tagged , , .