Google、「Chrome 14」安定版を公開=32件の脆弱性にも対処

Chrome 14安定版

最新Mac OS向け機能の強化も

Googleは16日、同社ウェブブラウザ「Chrome 14」の安定版を公開した。
このアップデートにより、危険度の高い深刻なセキュリティ問題を含む全32件の脆弱性が修正されるほか、オープンソース技術「Native Client」やオーディオ向けJavaScript API「Web Audio API」もサポートされる。

「Native Client」によって、C/C++ベースのコードをブラウザでシームレスに実行できるようになるが、現時点ではChromeウェブストアのアプリに限定される。

また、Mac OS X Lion向けには、いくつかのバグフィックスのほかに、フルスクリーンモードのサポート、スクロール時のみにスクロールバーを表示させる機能などが新たに加わった。

This entry was posted in Web and tagged , .