Adobe、クラウドサービス「Creative Cloud」とタブレット向けアプリ「Touch Apps」を発表

Adobe Systemsは10月3日(現地時間)、ロサンゼルスで開催中のカンファレンス「Adobe MAX 2011」において、クリエイティブ向けクラウドサービス「Adobe Creative Cloud」と、タブレット向けアプリ「Touch Apps」を発表した。

Adobe Creative Cloud」は、Creative Suiteなどで制作されたファイルの閲覧・共有・同期・検索を可能とするハブとして提供されるクラウドサービスで、20GBのストレージが用意される。価格などの詳細は11月に発表されて、サービスの公開は2012年初頭の予定だ。

Android端末およびiPad向けに提供される「Touch Apps」は、タッチパネル搭載タブレット向けのクリエイティブツールで、「Photoshop Touch」など6種類で構成される。Creative Cloudと連動して使用でき、価格は各9.99ドルだ。Android版は11月にリリースされるが、iOS版の公開は2012年初頭になる予定。


How Will You Create with Adobe Touch Apps?

 

Adobeは10月5日にも基調講演を行う予定で、さらにいくつかのアナウンスが期待される。

This entry was posted in Web and tagged , .