ソフトバンク、「iPhone 4S」料金体系を発表=3G/3GSユーザの残りの分割支払金を免除

ソフトバンクiPhone 4S「アレ コレ ソレ キャンペーン」

iPhone向け新キャンペーン 「アレ コレ ソレ キャンペーン」

ソフトバンクモバイルは2011年10月7日、記者会見を開いて10月14日に発売する「iPhone 4S」の料金プランを明らかにした。3G/3GSユーザの残りの分割支払金を免除する「実質無償機種変更キャンペーン」などを発表。本日午後4時より予約受付を開始する。なお、予約受付は、iPhone 4S/4(8GB)ともに1名義各2回線まで。14日以降の「当日売り」は検討中であり、事前予約が基本となる。

ソフトバンクは、「iPhone 4S」の16GBモデルを実質負担0円、32GBモデルを実質負担月額480円(計11,520円)、64GBモデルを同月額880円(計21,120円)で販売する。
月額料金はホワイトプラン(i)が月額980円、S!ベーシックパック(i)が月額315円、パケット定額がこれまでと同じ月額4,410円で用意される。孫正義社長は「ネットワークのトラフィックが逼迫しているが、パケット定額の料金を変更するつもりはない」と述べた。auより本体価格は若干高いが、月額の通信費は安く抑えた。割賦払い購入時は、ソフトバンクの方がすべてのモデルでauよりも500円程度安いことになる。

また、iPhone新規購入および既存ユーザの機種変時購入者に「iPad 2」(Wi-Fi+3G)の基本料を無料で提供する「(iPad専用)ゼロから定額プラン」を発表した(データ通信量100MB/月まで)。16GB版の場合、端末価格のみ月々1,860円(事務手数料も無料)で提供されるため、Wi-Fi版を買うより安い価格だ。ただし、通信量が100MBを超えると、ウェブ基本使用料315円とパケット通信料(0.0525円/パケット、最大4980円)がかかる。
孫社長によると、「ユーザの4割以上は月100MB以内に収まっている」という。
この販促は「アレ コレ ソレ キャンペーン」と名付けら、10月14日から11月30日まで実施される。

「実質無償機種変更キャンペーン」では、3G/3GSから4/4Sに機種変更した場合、残っている分割支払金と同等の金額を毎月の基本使用料、通信料などから値引きする。

記者会見で、孫社長は5日に死去したスティーブ・ジョブズ氏との思い出を多く語った。

「スティーブから学んだことは、人生の生き様だ。生きてる年月の長さじゃなく、限られた時間のなかで何を成し遂げるかが重要だと学んだ」

「スティーブ・ジョブズの前にも後にもスティーブ・ジョブズはいない。何人も彼を置き換えることはない。彼と会う時はティム・クックとも会ってきた。ティムはジョブズの哲学や思いを一番共有していたと感じている。だからジョブズはティムを後継者に選んだんだろう」

「ティムもスティーブも私の大切な友人で尊敬する人物だ。これからもそれは変わらない」

なお、「iPhone 4S」の金額は、ソフトバンクショップ(直営店)で新規契約・新スーパーボーナス(24回分割払い)で購入する場合の負担額(月々の分割金と通信料から割り引く「月月割」の差額)になる。
実質負担0円となるには25カ月間の契約が必要。また、2年契約(自動更新)となり、更新月以外の解約には契約解除料9,975円がかかる。

This entry was posted in iPhone and tagged , .