Google、Webアプリ開発向け新プログラミング言語「Dart」を発表

米Googleは10日(現地時間)、Webアプリケーション用の新しいプログラミング言語「Dart」の初期プレビュー版を発表した。チュートリアルやコードサンプルが専用ページにて公開されている。

Dartは大小の規模を問わず、モバイルからサーバまで様々な開発環境で利用できる構造的かつ柔軟性のある言語で、Webブラウザ上のネイティブな仮想マシンまたはコンパイラでJavaScriptに変換してJavaScriptエンジン上で実行可能だ。作成したアプリはほとんどのモダンブラウザで稼働でき、将来はChromeにDart VMを搭載する計画である。

This entry was posted in Web and tagged .