Apple、「Mac OS X 10.7.2」を公開=iCloudをサポート

Appleは2011年10月12日(現地時間)、新クラウドサービス「iCloud」に対応する「Mac OS X 10.7.2」をリリースした。同アップデータには、いくつかの問題を修正した「Safari 5.1.1」が含まれている。また、「Lion復旧アップデート 1.0」も公開されており、Mac OS Xのソフトウェア・アップデート経由で入手可能だ。

v10.7.2アップデートにより、OS全般の問題が修正されて安定性と互換性が向上する。また、「iCloud」の設定パネルが自動的に表示されて簡単にセットアップが可能だ。

「iCloud」は、MobileMe後継の無料クラウドサービスで、メール、連絡先、カレンダー、写真、アプリケーション、書籍などをワイヤレスで保存し、iOSデバイスやコンピュータにプッシュ送信できる新サービスだ。

v10.7.2搭載のMacでは新しいクラウドベースのサービス「どこでも My Mac」や「Mac を探す」などの機能が利用できるようになる。
なお、「iCloud」を使用するには、「iOS 5」搭載のiPhone、iPad、iPod touch、または「OS X Lion」v10.7.2搭載のMacでiCloudアカウントを登録する必要がある。
「iCloud」には5GB分の無料クラウドストレージが用意されており、追加ストレージは、10GB分が年間1,700円、20GB分が年間3,400円、50GB分が年間8,500円で提供される。

This entry was posted in Software and tagged , .