Appleスコット・フォーストール氏は“ミニ・スティーブ”=愛車もベンツSL55 AMGシルバー

Apple Scott Forstall氏

Appleの収益のなかでiOSデバイスの占める割合が大きくなるにつれ、スコット・フォーストール氏の重要性も高まってきた。

Businessweekによると、AppleのiOS担当上級副社長であるスコット・フォーストール氏は、細部にまでこだわる姿勢、プレゼンの仕方や服装、乗っている車までが故スティーブ・ジョブズ氏と似ている部分が多く、まさに“ミニ・スティーブ”だという。

フォーストール氏はApple幹部の中で最年少の42歳だが、iADの責任者だったアンディ・ミラー氏は「彼が最もスティーブに近い」と述べおり、ジョブズ氏亡き後のAppleにおいて、さらにその重要性は高まっている。

しかしながら、iPodの生みの親として知られるトニー・ファデル氏やジョン・ルビンスタイン氏をはじめ、多くの幹部やエンジニアがフォーストール氏と衝突してAppleを去った。
また、デザイン担当のジョニー・アイブ氏やMacハードウェアエンジニアリングのボブ・マンズフィールド氏などとは、CEOであるティム・クック氏が出席していない会議以外では顔を会わせないほど関係も良好ではないという。
時として政治的とも揶揄されるフォーストール氏だが、ジョブズ氏の真の後継となる資質を備えており、Appleにとって無くてはならないピースとなっている。あるアナリストは、もしフォーストール氏がAppleを去ったら目標株価をダウングレードするとまで述べている。

This entry was posted in Apple and tagged , , , .