ARM、低価格帯スマホ向けチップ「Cortex-A7」発表=最高のエネルギー効率を実現

ARM Cortex-A7 MPCoreイメージ

ARM史上最高のエネルギー効率を実現する「Cortex-A7 MPCore」プロセッサ

ARMは19日、スマートフォン・タブレット向けマイクロプロセッサとして、同社史上最高のエネルギー効率を実現する「Cortex-A7 MPCore」を発表した。
シングルコアチップのCortex-A7は、サイズをCortex-A8の5分の1にする一方で、エネルギー効率を5倍にした。Cortex-A15の高パフォーマンスとA7の高エネルギー効率を両立させる「big.LITTLE」プロセスにより、従来の電力効率と性能の関係を再定義するとしている。

Cortex-A7は28nmプロセス製造で0.5平方mm以下のサイズであり、シングルまたはマルチコアで実装可能である。主に100ドル以下の低価格スマホに供給される予定で、2013〜14年に製品化されるとみられる。低価格ながらパフォーマンスは現行のハイエンド機種に迫るレベルとなり、さらにバッテリ駆動時間が大幅に向上するという。

This entry was posted in Tech and tagged .