S.ジョブズ氏、「Androidをぶち壊す」=公認の伝記本が来週発売

Steve Jobs 伝記本 Amazon

故スティーブ・ジョブズ氏が唯一全面協力した本人公認の伝記本「Steve Jobs」

故スティーブ・ジョブズが公認した伝記本「Steve Jobs」(ウォルター・アイザックソン著)の発売を前にして、その内容の一部が明らかになった(Associated Press)。

ジョブズ氏は2010年にHTCが発表したAndroid端末について、「Appleのキャッシュ400億ドルすべてを使ってでも、悪を正す」と述べ、さらに「Androidをぶち壊す。なぜなら我々から盗んだ製品だからだ。これは核戦争だ」と怒りをぶちまけたという。

さらに、Googleの当時のCEOだったエリック・シュミット氏に対して、「問題は金ではないのだ。アイデアを盗むのをやめてくれ。ただそれだけだ」と述べたという。

HPがiPad対抗機の投入を断念した際、Appleの取締役会のメンバーの一部が喜んでいた一方で、ジョブズ氏は残念がっていたという。
また、デザイン担当のジョナサン・アイブ氏を「精神的パートナー」と呼んでおり、ジョブズ氏の次に実行能力があると評価していた。ジョブズ氏はThe Beatlesの大ファンで、iTunesで発売することを長きに渡り願っていたという。その夢は2010年に叶えられた。

伝記本の著者であるアイザックソン氏は、現地時間23日に放映される米CBSテレビのインタビュー番組「60ミニッツ」で、ジョブズ氏はがんが見つかった際「体を開けられるのは嫌だった」と述べて手術を拒んだことを明らかにした。
結局9カ月後に手術を受けたが、ジョブズ氏はがんの存在を無視して、その存在さえ望まなければ呪術思考ができると感じていたようだ。しかし、後にもっと早く手術を受けていれば良かったと後悔していたという。

This entry was posted in Apple and tagged , , , , .