Apple、iPad 3で新しいLEDバックライトシステムを採用か=高輝度・高精細IPSを実現

iPad 3で新しいLEDバックライトを採用か

iPadにRetinaディスプレイを採用しつつ輝度を保持するために、光源であるLEDシステムを見直す可能性あり。

Appleは次世代「iPad 3」で高精細ディスプレイを搭載するため、輝度の低下を防ぐ目的で、プリント基板のLEDバックライトを現行のシングルからデュアルタイプに変更する可能性があるようだ。

パネルの高精細化を進めるには1画素の大きさを縮小して画素数を多く配置する必要があるが、光の透過率が小さくなるためバックライト光量が不足する。Appleはこの問題点を克服するために、LEDライトバーと呼ばれる棒状のプリント基板をデバイスの両サイドに搭載するとみられており、情報筋によると部品メーカーはすでにバッテリ消費や熱処理の問題を克服したという。

Appleは2012年初期に新型iPadを投入するとみられているが、Retinaディスプレイを搭載するのは2012年秋ごろになるという噂もある。

This entry was posted in iPad and tagged , .