<iSuppli>iPadが2011年Q4世界タブレット市場で65.6%のシェア獲得と予測

IHS iSuppliが発表した世界タブレット型端末市場調査によると、Appleの「iPad」は2011年第4四半期(10〜12月期)に約1,860万台の出荷が見込まれており、市場シェアで65.6%を獲得するとみられることが分かった。前期(2011年7〜9月期)の出荷台数は約1,110万台であり、販売台数では67.2%のプラス成長が見込まれているが、市場シェアは前期の69.7%から4.1ポイント下落すると予想されている。

2011年第4四半期の世界タブレット市場予測

2011年第4四半期世界タブレット市場予測:iPadがダントツトップを維持


一方、先月14日より米国で出荷が開始されたAmazonの「Kindle Fire」は今期、390万台出荷されて市場シェアは「iPad」に次ぐ13.8%を獲得すると予想されている。

「Kindle Fire」は201.7ドルの製造コストよりも安い199ドルで販売されており、サムスンなど競合するAndroid端末だけでなく、「iPad」の市場シェアをも引き下げる要因になるとみられる。

iSuppliは、Appleが次期「iPad 3」を市場投入する際、「iPad 2」の価格を引き下げて引き続き販売し、「Kindle Fire」に対抗する戦略をとる可能性があると指摘している。

This entry was posted in iPad and tagged , , , , .