Apple、iOSの開発コードネームに北米スキーリゾート名を使用

Mac OS Xではネコ科の猛獣が使用されて、v10.3 Panther以降では製品名にも使用されるようになった開発コード名だが、AppleはiPhone/iPad/iPod touch向けOS「iOS」の開発バージョンにも、北米のスキーリゾート名シリーズを使用していたことが分かった(TiPb via AppleInsider)。

iOSの最初のバージョンはAlpineで、カリフォルニア州のアルパイン・メドウズからとられている。
また、最新メジャー版「iOS 5.0」は世界的にも有名なコロラド州のテルライド(Telluride)が使用されており、さらに、次期「iOS 5.1」はオレゴン州フードゥー(Hoodoo)が採用されている。

iOS開発コード名のフルリストは以下の通り。

  • 1.0: Alpine
  • 1.1: Little Bear
  • 2.0: Big Bear
  • 2.1: Sugarbowl
  • 2.2: Timberline
  • 3.0: Kirkwood
  • 3.1: Northstar
  • 3.2: Wildcat
  • 4.0: Apex
  • 4.1: Baker
  • 4.2: Jasper
  • 4.3: Durango
  • 5.0: Telluride
  • 5.1: Hoodoo

いずれも北米有数のスキーリゾート地であり、Mac OS Xとは異なりApple社内でのみ使用されて、これまで公になることは無かった。

This entry was posted in Apple and tagged , , , , .
  • 匿名

    iOSチームのトップがスキー好きなのかな?