AndroidがiOSほどスムーズでは無い理由

「Androidは反応が遅く、アニメーションはのろのろで、タップしても無反応」

最近までGoogleでインターンとしてソフトウェア開発に携わったAndrew Munn氏は、iOSではすべてのUIレンダリングがリアルタイム優先度で専用のUIスレッドとして実行される一方、Androidではインターフェースをノーマル優先度で実行するという従来型オペレーティングシステムで採用された方式であると指摘

また、Androidは当初、RIMのBlackBerryを目標として開発が進められたため、最初のプロトタイプはタッチスクリーンを搭載しておらず、物理キーボードやトラックボール搭載が前提になっていたとされる。その後、マルチタッチ搭載のiPhone登場により、Android開発チームはUIのフレームワークを構築し直したが、あまりにも時間が不足していたようだ。また、フレームワーク刷新の足かせとして、すでに出回っているアプリにも影響が及ぶことも挙げられている。

ほかにも、ハードウェアアクセラレーション、ガーベッジコレクション、ハードウェア(NVIDIA Tegra 2)の問題、GPUを活用した効率的なUI構築、Dalvik VMなどに問題があると述べている。

Munn氏は年明け1月より、MicrosoftのインターンとしてWindows Phoneの開発に携わる予定だという。

This entry was posted in Tech and tagged , , , , , , , .