Apple、「OS X Mountain Lion」デベロッパプレビューをリリース=今夏終わり頃に一般公開

Appleは2月16日、OS Xの9番目のメジャーリリースとなる「OS X Mountain Lion」のデベロッパプレビューをリリースした。100以上の新機能を搭載し、iOSの機能や特性、アプリケーションなどを広く取り入れているのが特徴となる。Mac Developer Programのメンバー向けに公開となっており、一般公開は今夏終わりごろの予定だ。

OS X Mountain Lion

iOSとの融合・親和性が図られた次期「OS X Mountain Lion」プレビュー版が公開

「Mountain Lion」には、iOS機能のなかでもメッセージやメモ、リマインダー、Game Center、通知センター、Share Sheets、Twitterとの統合、AirPlayミラーリングがMacに導入され、さらに1億人以上のユーザを擁するiCloudが組み込まれる。

また、マルウェアからシステムを守る新セキュリティ機能「Gatekeeper」が装備され、アプリケーションの導入を安全に行うことが可能となる。

ほかにも、iChatに代わるメッセージアプリ「Messages」や、iCloudとの連携による「Documents in the Cloud」機能などのほか、Game Kit APIを始めとする数百もの新しいデベロッパAPIが加わっている。

 

[See Also..]

Apple、次期「OS X Mountain Lion」開発者向けプレビューを公開=一般公開は今夏終わり頃

OS X Mountain Lion、ソフトウェア・アップデート機能をMac App Storeに統合

ティム・クックCEO、ARM版MacまたはIntel版iPadを示唆

This entry was posted in Apple and tagged , , , , .