ソニー、「Xperia P」と「Xperia U」を発表

「Xperia P」と「Xperia U」

“Xperia NXT”シリーズの新Android端末「Xperia P」と「Xperia U」

ソニーはMobile World Congress 2012のキックオフ前夜に新製品発表会を開催して、次世代“Xperia NXT”シリーズの最新スマートフォン「Xperia P」と「Xperia U」を発表した。いずれも第2四半期(4~6月)に投入予定だが、日本での発売時期は未定。

2機種ともに「Xperia S」(日本では「Xperia NX」)の下位モデルにあたる。OSとしてAndroid 2.3を搭載し(今年第2四半期中にIce Cream SandwichことAndroid 4.0へのアップデート提供予定)、プロセッサとして1GHzのSTE製U8500デュアルコアを実装する。

4インチディスプレイ搭載の「Xperia P」の特徴として、液晶パネルに高輝度・低消費電力を実現した新技術「WhiteMagic」採用やアルミユニボディ筐体が挙げられ、“Exmor R”採用の800万画素カメラ(1080p フルHD動画撮影対応)、HDMI接続、NFC対応、ストレージは16GBなどとなっており、専用ドック「SmarDock」が用意される。

一方の「Xperia U」は、 3.5インチディスプレイを搭載し、カメラは500万画素(720p HD動画撮影)、ストレージは8GBなどとなっており、再生する画像や音楽に合わせてFloating Prism(透明バー)のイルミネーションが変化するという仕掛けも用意されている。

発表イベントには次期社長兼CEOへの昇格が内定している“Kaz”こと平井一夫副社長が登場。ソニー・エリクソンの100%子会社化が完了したこともあり、事業融合を加速させる方針を改めて示し、「One Sony」を強調した。

This entry was posted in 新製品 and tagged , .