iOSアプリ、ダウンロード数が250億に迫る=Appleがプロモーションをローンチ

AppleはApp Storeからのアプリケーション・ダウンロード数を表示するカウンターを設置して、250億番目にiOSアプリをダウンロードしたユーザに対して、1万ドル分のApp Storeギフトカードを贈るプロモーションをローンチした。

有料版アプリを購入する必要はなく、無料版アプリをダウンロードするか、または参加用のオンラインフォームを送信すれば参加できる。なお、1日あたりのエントリー可能回数は1アカウントにつき25回までとなっている(詳細は公式規約参照)。

250億Appカウントダウン・プロモーション

250億番目のアプリ取得者に1万ドル分のApp Storeギフトカードが贈呈

Appleは過去にも同様のプロモーションを展開しており、App Storeからのダウンロード数は2010年1月に30億、2011年1月に100億、2011年7月には150億を突破していた。

カテゴリー: Apple | タグ: , | Permalink | コメントする

次世代iChat「Messages」、ベータ版期限切れに伴いOS X Mountain Lion専用に?

次期OS「OS X Mountain Lion」のアナウンスとともに、iChatに代わるベータ版として公開されたメッセージアプリケーション「Messages」(メッセージ)だが、ベータ版の終了に伴って「OS X Lion」には対応しない可能性が浮上した。

OS X Mountain Lion「Messages」

次世代iChat“Messages”、ベータ期限終了後はOS X Lionに対応せず?

Messages Betaのリソースによれば、使用期限が切れた際、ベータプログラムの試用期限終了を案内するとともに、「OS X Mountain Lion」への移行を促すメッセージが出るとされる。

また、MacRumorsによると、Messagesのリソースに高DPIバージョン(@2x)の画像が含まれており、超高解像度“Retina”ディスプレイを搭載するMacコンピュータへの準備が施されている可能性がある。

AppleはiPhoneで取り入れた“Retina”ディスプレイを次期iPad 3に導入するとみられており、さらに、Macコンピュータへの実装が噂されている。

カテゴリー: Mac | タグ: , | Permalink | コメントする

Apple、「OS X Mountain Lion」デベロッパプレビューをリリース=今夏終わり頃に一般公開

Appleは2月16日、OS Xの9番目のメジャーリリースとなる「OS X Mountain Lion」のデベロッパプレビューをリリースした。100以上の新機能を搭載し、iOSの機能や特性、アプリケーションなどを広く取り入れているのが特徴となる。Mac Developer Programのメンバー向けに公開となっており、一般公開は今夏終わりごろの予定だ。

OS X Mountain Lion

iOSとの融合・親和性が図られた次期「OS X Mountain Lion」プレビュー版が公開

「Mountain Lion」には、iOS機能のなかでもメッセージやメモ、リマインダー、Game Center、通知センター、Share Sheets、Twitterとの統合、AirPlayミラーリングがMacに導入され、さらに1億人以上のユーザを擁するiCloudが組み込まれる。

また、マルウェアからシステムを守る新セキュリティ機能「Gatekeeper」が装備され、アプリケーションの導入を安全に行うことが可能となる。

ほかにも、iChatに代わるメッセージアプリ「Messages」や、iCloudとの連携による「Documents in the Cloud」機能などのほか、Game Kit APIを始めとする数百もの新しいデベロッパAPIが加わっている。

 

[See Also..]

Apple、次期「OS X Mountain Lion」開発者向けプレビューを公開=一般公開は今夏終わり頃

OS X Mountain Lion、ソフトウェア・アップデート機能をMac App Storeに統合

ティム・クックCEO、ARM版MacまたはIntel版iPadを示唆

カテゴリー: Apple | タグ: , , , , | Permalink | 1件のコメント