MNPで格安SIMへ乗り換え

MNP(携帯電話番号ポータビリティー)を使って格安SIMへ乗り換える際の手順についてメモ

格安SIM利用者は今や10人にひとりの割合。格安SIMに乗り換えることで、大手キャリアに縛られることなく、最新スマホでデジタルライフを満喫しつつ、月々の料金を大幅に引き下げることができます。

今回は、MNP(携帯電話番号ポータビリティー)を使って格安SIMへ乗り換える際の手順についてのメモです。
MNPを利用することで、現在使用中の電話番号(090や080など)をそのまま使う(引き継ぐ)ことができます。

このメモはMVNO一般に通じるものはありますが、ここでは一例として、「ドコモ→OCN モバイル ONEへ乗り換え」の手順について記載します。

MNPで格安SIMへ乗り換え

電話番号もスマホもそのまま=格安SIMに乗り換えで月料金が1/3に

なお、今回は現在使用中のスマホをそのまま使うことを前提としますが(今のスマホが利用可能かどうかはOCN モバイル ONE 動作確認でチェックできます)、これを機会に新しいスマホを購入しても良いでしょう。ちなみに、OCN モバイル ONEは最新のiPhone 7でも利用できます(SIMフリー版を購入すると即使えます)。

また、なるべく「安く、早く」を実現したいと思います(最短3〜4日で乗り換えできます)。

オンライン手続きの場合、申し込み完了から2時間程度で開通可能。準備をしておいて、期限内の都合の良い時に開始手続きを行うと良いでしょう。

前置きが長くなりましたが、以下が格安SIM乗り換えのおおまかな流れとなります。順番通りに進めればスムーズに行くと思います。

 
<事前準備>
・現在のスマホのSIMカードタイプ(サイズ)を確認

・利用中のスマホが利用可能かどうか確認(SIMフリー版スマートフォンまたはドコモ版スマートフォンであればSIMロック解除不要。対象デバイスならSIMロック解除の手続きによって利用可能。OCNサイトで確認できます)

・保険証や免許証などの本人確認書類をスマホなどで撮影・保存(オンライン申し込みで利用します)

・後述する注意点にも目を通してください(MNP予約番号の有効期限やキャリアの更新月など)

さあ、準備と心構えができたら思い切ってやってみましょう!

 
(1)AmazonでOCN モバイル ONE お申し込みパッケージ(音声対応SIM)を購入(おそらくこの方法が一番安価)
・後日利用するためのアクティベートコードが記載されています

(2)必要に応じてNano→Microの変換アダプタを併せて購入(お使いのスマホがNano SIMであれば省略してください。Micro SIMや標準SIMであれば自己責任ではありますが、今後のことを考えて、変換アダプタ導入をお薦めします。面倒であればOCNで機種に合ったSIMを選んでも問題無いです)

(3)ドコモオンラインでMNP予約番号取得
・ドコモならオンラインのマイページ(My docomo)より、または電話(151または0120-800-000)で取得可能
・予約番号には15日間という有効期限があるので注意が必要

(4)OCN モバイル ONEのサイトからオンライン申し込み(要クレジットカード)
・必要事項の入力と本人確認書類のアップロード

(5)およそ2日後にOCNからSIM発送手続き完了のSMSが来ます

(6)1〜2日後、SIMカードと簡単な取説が宅急便で届きます

(7)OCNのサイトでMNP開通手続き
・MNP利用番号やSIMカード記載の端末製造番号などを入力
・完了すれば自動的にドコモは解約となります

(8)10時〜18時の間であれば、2時間程度で即日開通となります(土日もOKです)
・18時以降に申し込みの場合、翌日の午前中に開通

 
なお、開通月は無料となります(申し込み日の10日後が利用開始月)。よって、もっとも安く抑えるためには、手順(3)を22日以降(30日までの月は21日以降)に行うと良いでしょう。こうすることで、実際に申込みをしたその翌月も無料で利用できます。例えば、10月22日に申し込みをすれば、10月だけでなく11月も月額基本料が無料になります。 続きを読む

カテゴリー: レポート | タグ: , , , | Permalink | コメントする

Adobe、MAX 2014で新たなモバイルクリエイティブの可能性を探求=Creative Cloudもメジャーアップデート

Adobe MAX 2014=モバイルでのクリエイティビティを発表

新モバイルアプリ投入により、CCデスクトップツールとモバイルデバイスのより深化した統合ワークフローを提案

Adobe Systemsは2014年10月6日(現地時間)、米ロサンゼルスで行われた年次カンファレンスAdobe MAX 2014の基調講演において、モバイルデバイス向けに新たなCreative Cloudアプリ投入を発表した。また、デスクトップ向け主要製品群であるCreative Cloudのメジャーアップデートも併せて公開。
新しいモバイルツール群(iOS版)とクリエイティブプロファイル導入により、今まで以上にモバイル端末とデスクトップ環境およびCreative Cloudサービスをシームレスに連携させることができるようになる。

MAX 2014でアナウンスされた主な新サービス・製品群は以下のとおり(Creativeツール一覧

  • Photoshop CC、Illustrator CCなどとワークフローの統合や機能を拡張できる、新しい9種のiOS向けモバイルアプリ(無料)のローンチ(Photoshop Sketch / Photoshop Mix / Lightroom Mobile / Illustrator Draw / Illustrator Line / Adobe Premiere Clip / Adobe Brush CC / Adobe Shape CC / Adobe Color CC)
  • 主要CCデスクトップツールのメジャーアップデート(一例として、Windows 8 / Surface Pro 3 のタッチ操作サポート、Photoshop CCのレイヤーを画像アセットとして抽出するグラフィカルUIなど)
  • モバイルアプリとCCデスクトップツールをクラウドでシームレスに連携・共有可能な「クリエイティブプロファイル」の導入
  • Photoshop CCやDreamweaver CCなどのデザイン情報を一般ユーザとも共有できる「Creative Cloud Extract」の追加
  • サードパーティ向けiOSアプリ開発キット「Adobe Creative SDK」(パブリックBeta版v1.0)の公開(無償)。なお、Android版は開発途中のため一部デベロッパーに限定シードされている
  • Adobe Creative Cloud for Android (preview) のローンチおよびAdobe Creative Cloud for iOS (1.1.0) のアップデート
  • アセット管理ツール「Creative Cloud ライブラリ」およびロイヤリティーフリー素材集「Creative Cloud マーケット」の公開、クリエイターと企業を結びつける「Creative Talent Search」のスタート

Adobeのデジタルメディア担当SVPデイビッド・ワドワーニ(David Wadhwani)氏は、「モバイルデバイスをクリエイティブのメインストリームに導く新しいモバイルアプリ群をローンチすることで、イノベーションのペースはCreative Cloudと共に加速し続ける」と述べ、さまざまな環境下において、クリエイティブツールやアセットをこれまで以上に高度なレベルで利用できるようになるとしている。また、基調講演ではMicrosoft製デバイスやWindowsプラットフォームとの親和性が強調され、MSのサティア・ナデラCEOがゲストとして登壇した。 続きを読む

カテゴリー: Tech, 新製品 | タグ: , , , | Permalink | コメントする

Adobe、“Creative Cloud 2014年版” 発表=デスクトップアプリを大幅刷新

Adobe Systemsは2014年6月18日(現地時間)、Creative Cloud 2014年版を公開し、Photoshop CC、Illustrator CC、InDesign CCなどのメジャー14ツールを大幅アップデートした。また、Creative Cloudと連携する無償のiPad向けアプリ(Sketch、Line、Photoshop Mix)や、新しいハードウェア類(デジタルペン「Ink」、デジタル定規「Slide」)もアナウンスしている(プレスリリース)。

最新Photoshop CC 2014では、スマートオブジェクトの強化により、元ファイルを保持したままデザインを効率良く編集可能となっており(スマートオブジェクトリンク)、さらに新しいパッケージ機能を使うことで、アセットを自動収集してパッケージ化することもできるようになった。

そのほかの注目機能として、画像の特定部分の遠近感を自由に調整できる遠近法ワープ、画像に動きを与えるぼかしギャラリーのモーション効果、3Dプリンターのサポート(3Dプリント)強化などが挙げられる(Photoshop CC 2014の新機能)。 続きを読む

カテゴリー: 新製品 | タグ: , , , | Permalink | コメントする