Apple、「iBooks 2」と「iBooks Author」で教科書を再発明=iPadがゴージャスな教材に

米Appleは1月19日(現地時間)、iBooksの最新バージョン「iBooks 2」を公開して、これまでにない全く新しい教科書の在り方を提案すると発表した。

「iBooks 2」で教科書を再定義

iPadとiBooksで数百年続いた“紙の教科書”を変える


Appleは「iPad」を電子教科書としてプッシュするにあたり、これまで培ってきたマルチタッチによる抜群の操作性をふんだんに取り入れており、インタラクティブなコンテンツを自由自在に、例えば3Dイメージを回転させたりギャラリーを素早く切り替えたりできる双方向インターフェイスを搭載。さらに、フルスクリーンモードやテキストのハイライト、キャプション、検索、定義の確認などといった学習向け機能が強化された。米大手出版社McGraw HillやPearsonなどの教科書が紙の教科書よりずっと安い14ドル99セント以下で販売される。

iBooks AuthorとiTunes U

iBooks対応電子書籍出版ツール“iBooks Author”と無料講座にアクセスできるiOS端末向けアプリ“iTunes U”


Appleは電子教科書のプラットフォームだけでなく、制作ツールとして「iBooks Author」をMac App Storeで無償リリースすると発表。テンプレートが用意され、多様なコンテンツを直感的に構築可能で、マルチタッチ対応の電子書籍が簡単にパブリッシュできる。大手出版社から個人ユースまで幅広いニーズに対応。公開できるファイル形式は独自版ePUB形式(拡張子は.ibook)。作品はiBookstoreで配信可能となる。

iOS端末向けアプリ「iTunes U」は、有名大学の講座など50万超の無料講義がラインアップされ、講師は教育プログラムを簡単に管理・制作・共有することができる。iBooksのメモやハイライトの一覧表示ができ、iBooksテキストブックなどの講座教材にアクセス可能だ。

詳細レポートはこちら

カテゴリー: Apple | タグ: , , , | Permalink | 1件のコメント

<ニールセン調査>米スマホ市場でiOSが急成長=iPhone 4S効果でAndroidに急接近

ニールセンが発表した2011年10〜12月期における米スマートフォンOS市場調査によると、「iPhone 4S」効果によりiOSが急成長しており、2011年末には新規購入者の割合でAndroidとの差がほぼ無くなっていたことが分かった。

ニールセン調査:2011年Q4米スマホOSシェア

<2011年Q4>米スマホ新規購入者のOS別シェア推移


ニールセン調査:スマートフォンOSシェア

直近3ヶ月でiOSとAndroidがシェア拡大(上グラフ)| 携帯購入者がスマホを選ぶ率が上昇(下グラフ)

カテゴリー: iPhone | タグ: , , , | Permalink | コメントする

Apple、iOS 5.1でFacebookとの連携を追加か

昨年10月にリリースされた「iOS 5.0」ではTwitterとの統合が新たに組み込まれたが、次期「iOS 5.1」では、さらにFacebook機能との連携が加わりそうだ。

Appleが1月10日に開発者向けに公開した「iOS 5.1 beta 3」において、連絡先追加ページにTwitterと並んでFacebookのユーザ名を記入する欄が発見されたという(iMore)。

今後は、TwitterだけでなくFacebookについても、Safariや写真、カメラ、YouTube、マップなどからダイレクトに投稿可能となるかもしれない。

iOS 5.1、Facebook統合が追加か

iOS 5.1、Facebook統合が追加か


また、iOS 5.1 betaには新しいiPadモデル(J1APおよびJ2AP)の記述も含まれており、これらは次期「iPad 3」を指すものとみられる。

iOS 5.1の最初のビルドは昨年11月28日にリリースされた。Appleは主にバッテリ消費が早い問題の修正に取り組んでおり、iOS 5.1正式版公開の時期は不明ながら、フォトストリームでの写真個別削除機能などの新機能も追加される見通しだ。

カテゴリー: Apple | タグ: , , , | Permalink | 1件のコメント