Tag Archives: Adobe

AR in iOS 12 takes the experience to the next level

With iOS 12, ARKit includes a built-in viewer for displaying and sharing high-quality 3D content using Pixar’s usdz file format. Adobe is bringing native USDZ support to Creative Cloud. In iOS 12, Apple wants to make an easy way to experience AR across the system. With ARKit 2 on iOS 12, AR apps can be experienced by multiple users simultaneously and resumed at a later time in the same state. Apple has already created a new file format for AR in collaboration with Pixar. This format called USDZ is very compact, single file format optimized for sharing while retaining 3D graphics and animations. Developers can use USDZ across the system … Continue reading

Posted in Design, Web | Tagged , , , , , | Permalink | Leave a comment

2017年カレンダーを公開

コクヨ・カバーノート用カレンダー

「2017年カレンダー | 30円持ってコンビニでプリント」手順のメモ [コクヨのカバーノート用(A5)としてビジネス用途に便利] 2016年も終盤を迎えつつあります。手帳を買い換えるシーズンですね。 私は毎年、自作したシンプルなマンスリータイプのカレンダーを使っています。 スマホやMacでスケジュールやTO DOを管理しているため、基本的には手帳(手書き)タイプの予定表を必要としていないためです。ただ、ビジネスシーンでは紙タイプのカレンダーが必要・便利なシーンもあるため、カバーノートなどに挟んでスタンバイはさせています。 市販されている手帳タイプを持ち歩くのは時として邪魔になりますし、買うとなると結構高いんですよね。リフィルだけ買っても結構いい値段します。また、手帳を1年間キレイに使いこなすのも大変。あくまでスマホやPCの補助・サブ的に使うため、なるべく手軽に自由にシンプルに、かつ、安価に済ませたいという思いもあります。 今回、いつも私が使っているカレンダーの2017年版を公開しました(PDFファイル)。安く、かつ、私のように自由度に焦点を当てたい方はぜひ導入をご検討ください。おまけとして、2016年10月以降分も作っています。 今回公開するカレンダーは、折りたたんでA-5サイズで使用するタイプです。ノートに挟むもよし、切り取ってノートに貼り付けて使うもよし。シンプルなのでアイディアは無限大。私はコクヨのカバーノート(システミック)と組み合わせて使っています。 下記リンクよりPDFデータをダウンロードして(またはブラウザ上から直接)、ご自宅のプリンタなどで出力できます。 なお、データをA-3サイズで作っていますので、A-4対応プリンタしかお持ちでない方は、お近くのコンビニでプリントすることを推奨(私もそうしてます)。 データ内レイアウトで、下段の月間ブロックが上下逆向きになっているのは、折りたたんで使うためです(四つ折り/十字折り)。 コンビニプリントならファミリーマートやローソンなどに置いてあるシャープ製マルチコピー機が安くて便利・簡単です(他のコンビニでも可)。 スマートフォンをお持ちであれば、PDFプリントで1枚10円(A-3サイズ)、1年分でもわずか30円で事足ります。仕事用、プライベート用など切り分けて複数作るのもいいと思います。 手順は以下の通りです。質問などがあればコメント欄またはコンタクトフォームよりお願いします。   <2017年カレンダー | 30円持ってコンビニでプリントの手順> ※一例としてスマホを使ったワイヤレス方式を書いていますが、コピー機がサポートするメディア(SDカードやUSBメモリなど)を使ってデータを転送、プリントすることもできます(値段は同じ)。   (1)アプリストア(App StoreやPlay Store)で「PrintSmash」(シャープ提供・無料)というアプリをダウンロードしてインストール (2)カレンダーのPDFファイルをダウンロードして端末に保存 ・スマホに直接ダウンロード、またはパソコンなどに一旦ダウンロード後、ファイル共有機能などでスマホにデータを移動させます ・2017年カレンダーは3つのファイルに分けています(A-3サイズ×3) ・ファイル名「cal-2017-1.pdf」が2017年1〜4月分、「cal-2017-2.pdf」が2017年5〜8月分、「cal-2017-3.pdf」が2017年9〜12月分です ・おまけとして、2016年10月〜2017年1月分も公開中です(A-3サイズ×1、「cal-2016-1.pdf」) ・上記リンクよりデータを入手してください (3)コンビニに行ってプリントアウト ・アプリを使ったプリント方法は、シャープ公式サイトやアプリ内(「その他」>「ご利用方法」>「PDFをプリントする」)に詳しく載っていますので参照してください(会員登録などは不要、すぐにプリントできます。ポイントだけ説明すると、アプリ内「PDFをプリントする」を選択して、「+追加」ボタンでダウンロードしたカレンダーのファイルを選択後、コピー機へデータを送信するという流れになります) ・注意点として、最終的にプリントする際、コピー機側のサイズ設定は必ず「A-3」に、カラーは「白黒」を選択してください   手順通りに行えば税込合計30円で2017年のカレンダーを入手できます。なお、記事内の金額はファミリーマートで実際にプリントした際の金額です(2016年10月現在)。

Posted in Design, Labs | Tagged , , , , | Permalink | Leave a comment

Adobe、MAX 2014で新たなモバイルクリエイティブの可能性を探求=Creative Cloudもメジャーアップデート

Adobe Systemsは2014年10月6日(現地時間)、米ロサンゼルスで行われた年次カンファレンスAdobe MAX 2014の基調講演において、モバイルデバイス向けに新たなCreative Cloudアプリ投入を発表した。また、デスクトップ向け主要製品群であるCreative Cloudのメジャーアップデートも併せて公開。 新しいモバイルツール群(iOS版)とクリエイティブプロファイル導入により、今まで以上にモバイル端末とデスクトップ環境およびCreative Cloudサービスをシームレスに連携させることができるようになる。 MAX 2014でアナウンスされた主な新サービス・製品群は以下のとおり(Creativeツール一覧) Photoshop CC、Illustrator CCなどとワークフローの統合や機能を拡張できる、新しい9種のiOS向けモバイルアプリ(無料)のローンチ(Photoshop Sketch / Photoshop Mix / Lightroom Mobile / Illustrator Draw / Illustrator Line / Adobe Premiere Clip / Adobe Brush CC / Adobe Shape CC / Adobe Color CC) 主要CCデスクトップツールのメジャーアップデート(一例として、Windows 8 / Surface Pro 3 のタッチ操作サポート、Photoshop CCのレイヤーを画像アセットとして抽出するグラフィカルUIなど) モバイルアプリとCCデスクトップツールをクラウドでシームレスに連携・共有可能な「クリエイティブプロファイル」の導入 Photoshop CCやDreamweaver CCなどのデザイン情報を一般ユーザとも共有できる「Creative Cloud Extract」の追加 サードパーティ向けiOSアプリ開発キット「Adobe Creative SDK」(パブリックBeta版v1.0)の公開(無償)。なお、Android版は開発途中のため一部デベロッパーに限定シードされている Adobe Creative Cloud for Android (preview) のローンチおよびAdobe Creative Cloud for iOS (1.1.0) のアップデート アセット管理ツール「Creative Cloud ライブラリ」およびロイヤリティーフリー素材集「Creative Cloud マーケット」の公開、クリエイターと企業を結びつける「Creative Talent Search」のスタート Adobeのデジタルメディア担当SVPデイビッド・ワドワーニ(David Wadhwani)氏は、「モバイルデバイスをクリエイティブのメインストリームに導く新しいモバイルアプリ群をローンチすることで、イノベーションのペースはCreative Cloudと共に加速し続ける」と述べ、さまざまな環境下において、クリエイティブツールやアセットをこれまで以上に高度なレベルで利用できるようになるとしている。また、基調講演ではMicrosoft製デバイスやWindowsプラットフォームとの親和性が強調され、MSのサティア・ナデラCEOがゲストとして登壇した。

Posted in Tech, 新製品 | Tagged , , , | Permalink | Leave a comment