Tag Archives: Android

Google、Honeycombアプリの最適化を呼びかけ

Ice Cream Sandwich(ICS)のリリースが迫るなか、Googleは19日(現地時間)、タブレット向けHoneycombアプリをスマートフォンにも最適化するようデベロッパに対して呼びかけた(Android Developers Blog)。 ICSでは、スマートフォンからタブレット端末まで、1つのバージョンですべてのスクリーンサイズがサポートされる。 アプリをタブレットのみに限定させることも可能だが、より小さなスクリーンに対応するメリットは大きく、また、APKを統一化することもできるので、ICS SDK入手前の今のうちに備えておくだけの価値はあるだろう。

Posted in Web | Tagged | Permalink | Leave a comment

iOS/Android向け開発アプリの累積数が100万本を突破

iOS/Androidアプリが100万本達成

iOSおよびAndroid OS向けに開発されたアプリケーション数が、併せて累積100万本を突破した模様だ。 Appsfireによると、100万本のうち現在も利用可能なのは約80%だが、年内にはその数も100万本を超える勢いだという。ただし、この数字は絶対数ではなく、アプリのユニーク数を示してはいない。 アプリの比率はiOSが52%で、Androidは48%を占め、その差は徐々に縮まりつつある。スマートフォン向けOS市場では、AndroidがすでにiOSを上回っており、徐々にその差を広げつつある。

Posted in iPhone | Tagged , , | Permalink | Leave a comment

ソニー、Android搭載ウォークマン「Zシリーズ」発表=iPod touch対抗へ

NW-Z1000

ソニーは2011年9月13日、米Googleの基本ソフト「Android」搭載の携帯型音楽プレーヤー「ウォークマン Zシリーズ」を、12月10日に発売すると発表した。ウォークマンシリーズにAndroidプラットフォームが採用されるのは初となる。 ウォークマンのフラッグシップモデルとなる「Zシリーズ」は、音楽だけでなく、ゲームや動画をはじめ、独自アプリやAndroidマーケットを通じて多彩なアプリをインストールできるのが特徴。また、タッチパネルによる直感的な操作が可能であり、デュアルコアプロセッサ搭載により、高精細なビデオゲームやフルHDビデオ再生、マルチタスクにも対応する。 価格はオープンだが、店頭予想価格として、内蔵メモリ容量64GBの「NW-Z1070」は4万3,000円前後、同32GBの「NW-Z1060」は3万3,000円前後、同16GBの「NW-Z1050」は2万8,000円前後が見込まれる。また、カラバリとしてブラックとレッドの2色がラインアップされ、ソニーストア限定モデルとしてホワイトを基調とした64GBモデル「NW-Z1070/W」(4万5,800円)も用意される(価格はいずれも税込)。

Posted in Tech, 新製品 | Tagged , , , | Permalink | Leave a comment