第4世代プリウス、家庭充電対応PHVに全面切り替え

トヨタ自動車は、次期プリウスにプラグインハイブリッドを全面採用して2014年に発売すると、9日付けの日本経済新聞が報じた。車両価格は、最安モデルで205万円前後が予想されており、現行モデル並に抑えられるようだ。

4代目となる次期PHV版プリウスは、搭載バッテリを現行のニッケル水素からリチウムイオン電池に移行して、燃費性能を現在のリッター最高38kmから60km超にまで引き上げる。

また、トヨタ自動車は充電インフラ整備をにらんで、太陽光を利用したエネルギー自給型住宅事業も計画しており、多面的なエコカー戦略を展開するという。

This entry was posted in Tech and tagged , , , .