Apple、マルウェア検出定義ファイルを更新=PDFを装ったマルウェア対策

PDF装ったマルウェア

PDFファイルに見せかけるマルウェア

Mac OS Xを標的にして、PDFファイルを偽装したマルウェアを確認したとF-Secureが報告していた件で、AppleはすでにSnow Leopard/Lion向けの新しい定義を用意したとMac Rumorsが報じた。Macのマルウェア検出定義ファイルは自動でアップデートされる。

「OSX/Revir.A」という中国語で書かれたPDFファイルを装ったファイルを開くと、「OSX/Imuler.A」というウイルスが生成され、ネット経由でMacが乗っ取られる可能性があった。このPDFマルウェアは尖閣諸島について書かれた内容だったが、実際の感染は報告されていない模様。

ほかにもAdobe Flashのインストールを装ったマルウェアも確認されていたが、Adobeサイトや自動アップデート経由でダウンロードすることで感染を防ぐことができる。

This entry was posted in Mac and tagged , .