iPhone国内キャリア対決、auのシェアが急伸

iPhone 4Sソフトバンクショップでは在庫不足に直面

ソフトバンクショップでは「iPhone 4S」在庫不足に直面

22日付けのSankeiBizによると、先週発売となったiPhone 4Sの家電量販店における販売シェアで、KDDI(au)が急速にソフトバンクモバイルとの差を広げて、1週間の序盤戦で優位に立ったことが分かったという。

BCNが集計した量販店のPOSデータで、当初は過半数を占めていたソフトバンクが徐々に後退して、20日には36.3%にまで落ち込みKDDIと27.4ポイントの差がついた。発売直後のシェアではソフトバンクが51.7%、KDDI(au)が48.3%だった。
MM総研によると「ソフトバンクは予約しても数日待ちの状況だが、KDDIは量販店ですぐに買える。販売店舗数の多いソフトバンクは品切れが多いようだ」と指摘している。
さらに、KDDIの田中孝司社長は「10月中にauショップ全店で取り扱う」と述べており、今後のシェア争いでも主導権を握る勢いだ。

This entry was posted in iPhone and tagged , , .