スティーブ・ジョブズ氏最期の言葉は “OH WOW. OH WOW. OH WOW.”

故スティーブ・ジョブズ氏の実妹モナ・シンプソン氏は、ジョブズ氏の最期の言葉が “OH WOW. OH WOW. OH WOW.” であったことを現地時間30日付けThe New York Times(電子版)で明らかにした。日本語になおすと「ああ!うわー」といった意の感嘆詞を3回ほど繰り返したことになろうか。シンプソン氏はUCLAの教授であり、ベストセラー作家としても知られた存在だ。同氏は10月16日、スタンダード大学の記念教会で催された追悼式でジョブズ氏への頌徳の言葉を捧げた。

シンプソン氏はジョブズ氏と再会後の27年間について、3つの期間、つまり健康なとき、病気になってから、そして末期について語っている。ジョブズ氏は生まれた直後に養子に出されており、実の母親はジョアン・シンプソン氏、またアブドゥルファター・ジョン・ジャンダリ氏を共通の父として持つ。

ジョブズ氏は、毎日大好きなことに一生懸命打ち込んだが、これは本当にシンプルでありかつすごい集中力だったという。たとえ結果が伴わない時でも熱心に働くことを貫いた。
また、Appleから追放された際とても痛々しかったことや、目新しさではなく美を重んじていたこと、恋愛について語る時には少女のように純になり、妻であるローリーン・パウエル氏と初めて出会った日、「とても美しく聡明な女性に出会った。結婚をするよ」と興奮して電話をして来たこと、さらに、京都で見つけたそば屋の話題などにも触れられている。
ジョブズ氏は様々な事柄に詳しく、謙虚で学ぶことが好きだった。もし違ったふうに育っていれば数学者になったかもしれないと語っていたそうだ。

「スティーブは死というイベントのためにも生きてきたのだ。死が彼に訪れたのではなく、彼自身が死を全うしたということを私は学んだ」

This entry was posted in Apple and tagged .