「iPad 3」向けQXGA(2048×1536)液晶の生産がスタート=サムスン、シャープ、LGDが供給へ

次世代iPad向けディスプレイの生産が開始されたようだ。

DisplaySearchのアナリストによると、「iPad 3」向け9.7インチディスプレイは解像度2048×1536ピクセル(QXGA)になるとみられ、Appleはこの超高解像度パネルの供給を維持するために、サムスン電子、シャープ、LG Display3社からの供給を確保したとみられるという。初代iPad、および現行「iPad 2」の解像度は1024×768(XGA)であり、次世代では4倍もの情報量を表示できることになる。

すでにパネルの製造はスタートしており、今後数週間以内には組み立て業者向けに出荷されるようだ。12月には「iPad 3」の生産体制に入り、来年2月または3月の発売に向けて、1月には出荷の準備が整うとみられている。
Appleはディスプレイ高精細化による光の透過率縮小に対応するため、「iPad 3」で新しいLEDバックライトシステムを採用すると予想されており、パネル方式は有機ELではなくIPSになるとみられる。

また、Appleは7.85インチサイズのモニタを搭載する小型版iPad(iPad mini)にも興味を示しており、2012年後半に発表される可能性があるようだ。

This entry was posted in iPad and tagged , , , , , .