パナソニック、来春スマホを欧州投入へ=大型4.3インチ有機ELディスプレイ搭載

パナソニックは12月9日、2012年3月より欧州市場にスマートフォンを投入すると発表した。同社は2005年に海外市場から撤退していたが、グローバルモデル第1弾としてAndroid搭載端末を欧州で発売する予定だという。

パナソニックは2012年度中にはラインナップを拡大して、欧州でスマートフォン150万台の販売を目指す。また、2015年度には、欧州・アジア・中国・米州で900万台、日本国内で600万台(スマートフォンは500万台)と合わせて、グローバルで1,500万台の販売を目指すとしている。

欧州で来春発売予定のグローバルモデルは、超薄型でも持ちやすい“スリム Dシェイプ”デザインを採用するほか、4.3インチ有機ELディスプレイを搭載して、防水・防塵設計などが特徴となる。

パナソニックは、「今後、グループ内の技術資産はもとより、生産・販売拠点や開発リソースの徹底活用を進めることで、開発・生産・販売体制を強化し、商品力強化とラインナップ拡大、販売拡大を加速していく」としている。

グローバルモデル1号機は、既に一部国内モデルを生産しているマレーシア工場で生産する予定だ。

[ プレスリリース : パナソニック ]

This entry was posted in Tech and tagged , , .