米Kodak、数週間以内に破産法申請の可能性=特許売却で回避を模索

Wall Street Journalは現地時間1月4日、米Eastman Kodakが米連邦破産法11章(Chapter 11)の適用を数週間以内に申請する可能性があると報じた。Kodakの株価は30営業日連続して終値が1ドルを下回っており、ニューヨーク証券取引所から上場廃止の可能性もある。

Kodakは保有するデジタル関連特許の売却により破産回避を模索しているが、十分な運転資金調達に至らないケースに備え、日本の民事再生法にあたるChapter 11申請の準備をしているとされる。同社は写真フィルム事業で世界有数の企業に成長したが、デジタル化への対応が遅れ、ここ数年は業績の低迷が続いていた。

Kodakのスポークスマンは「市場の噂や憶測にはコメントしない」との声明を出している。

This entry was posted in Tech and tagged , , .