Mozilla、「Open Web Device」を発表=Boot to Gecko搭載スマホを年内投入へ

米Mozillaとスペインの大手携帯キャリアTelefonicaは2月27日(現地時間)、スペイン・バルセロナで開催中のMobile World Congress 2012において、Mozillaが昨年から開発を進めてきたモバイル向けオープンプラットフォーム「Boot to Gecko」(B2G)を搭載するスマートフォンのプロトタイプを披露して、2012年内にも製品化すると発表した。Mozillaによると、フィーチャーフォンと同程度の価格帯でHTML5ベースのスマートフォンの発売が可能になるという。

「B2G」を搭載する端末は「Open Web Device」(OWD)と命名され、Mozillaは今後、大手キャリアのドイツテレコムやチップメーカーQualcomm、ソフトウェア開発Adobeなどとも連携していく。


Mozilla「Boot to Gecko」デモ動画

「B2G」はGeckoエンジンを搭載したLinuxベースのプラットフォームで、HTML5/CSS3を始めとするWeb標準技術を採用するのが特徴。今後は完全にオープンソース化され、OWD向けのWebアプリは「Mozilla Marketplace」から配信される計画だ。

MozillaはオープンでWeb標準に基づいたプラットフォームを構築し、Firefoxをベースに電話やメッセージング、ブラウザ、ゲームなどをHTML5アプリケーションとして開発可能とさせる方針である。

Posted in Tech | Tagged , | Permalink | Leave a comment

Opera、「Opera Mobile 12」と「Opera Mini Next」を公開

Opera Softwareは開催中のMWC 2012において、「Opera Mini Next」と「Opera Mobile 12」をアナウンスした。


What’s new in Opera Mini Next and Opera Mobile 12

「Opera Mobile 12」はAndroid向けにWebGLのサポートが加わり、3Dグラフィックス表示が可能となったほか、HTML5対応、ブラウザ内のカメラサポート、Speed Dialの無制限登録などが追加された。Android/Symbian搭載スマートフォンで利用できる。

「Opera Mini Next」はベータテスト版として公開されており、無制限登録が可能なSpeed Dialや新しいSmart Screen、ハードウェアアクセラレーション機能、Facebook/Twitterとの統合などが特徴である。

Operaは同日、iOSアプリ「Opera Mini Web browser」もアップデート(Version 7)しており、Speed Dialの登録数増やファイルアップロード機能、ズーム機能の追加などが加わった。

Posted in Web | Tagged , , , , | Permalink | Leave a comment

米Best Buy、「iPad 2」を50ドル値下げ=次期iPad発表控え

次世代iPadの発表が近づくなか、米家電量販最大手Best Buyは「iPad 2」の販売価格を50ドル引き下げた。

全モデルが一律50ドル値下げとなっており、「iPad 3」のアナウンスが間近であることをうかがわせる。

最新の情報では、次期「iPad 3」は米国時間3月7日に発表され、その翌週には発売される見通し。

今週半ばにもメディア向けにイベントへの招待状が届くと思われる。発表会場は米サンフランシスコにあるYerba Buena Center for the Artsになる見込みだ。

Posted in iPad | Tagged , | Permalink | Leave a comment