トレンドマイクロ、9月末まで無料で使える「ウイルスバスター モバイル for Android」ベータ版

ウイルスバスター モバイル for Android

ウイルスバスターAndroid版

トレンドマイクロは2011年5月11日、Android OS搭載端末向けセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター モバイル for Android」を今年9月に発売すると発表した。スマートフォン向けAndroid2.1以上およびタブレット向けAndroid3.0に対応する。
また、9月末まで使用できるベータ版が同日より同社ウェブサイトおよびAndroidマーケットで無償提供されている。正式版の価格などは未定だ。

同アプリの導入により、ウイルスやスパイウェア、フィッシング詐欺サイトなど、リスクの高いサイトへのアクセスを事前にブロックし、不正アプリの情報送信先サイトへの接続をブロックできる。

対応キャリアはNTTドコモ、ソフトバンクモバイル、KDDIで、4MB以上の空き容量と7MB以上のRAMが求められ、Androidマーケットからダウンロードする場合にはインターネット接続が必要になる。

トレンドマイクロによると、2011年3月末時点のスマートフォンに感染する不正プログラム登録数(パターンファイル登録数)を比較したところ、Android端末はAppleのiOS搭載機に比べて約25倍以上も多かったという。

ウイルスバスター モバイル for Android β版は、インストール時の自動的にスキャン、不正なWebサイトへのアクセスをブロックするWebレピュテーション、有害なWebコンテンツへのアクセスを制御するURLフィルタリングを利用でき、ユーザが設定した送信元からの電話着信及びSMSをブロックする着信・メールフィルタが搭載されている。

インターネット上のデータベースを参照して処理するクラウドセキュリティ技術基盤「Trend Micro Smart Protection Network」を採用しているため、クラウドの活用によりコンピュータの負荷を最小限に抑えることができるという。

This entry was posted in Labs and tagged , , .