au版「iPhone 4S」通信料月4980円、16GB版は本体実質0円=‎10月7日16時から予約開始

KDDI(au)版iPhone 4S料金プラン

「つながりやすい」と快適さを強調するKDDI。MNP利用者に1万円のキャッシュバックもあり。月額通信料はSBMの現行料金より高い。

KDDIは7日、14日に発売する「iPhone 4S」の料金体系を明らかにして、7日16時より一部店舗で予約受付を開始すると発表 [PDF] した。

毎月割を適用した場合の端末価格は、16GBモデルが0円、32GBモデルが10,320円、64GBモデルが20,640円(直営店のau NAGOYAで契約時)。
月額料金は、「誰とでも割」適用で月額980円の「プランZシンプル」や月額780円の「プランEシンプル」が利用できる。また、通常5,460円のパケット定額「ISフラット」が月額4,980円となるキャンペーンも実施する。

@ezweb.ne.jpのメールやSMS(i)にも当初より対応予定だが、本体のSIMロックはかかっており解除の予定はない。

KDDIの田中孝司社長は「安心で快適なネットワークでiPhone 4Sを楽しんで欲しい」と述べ、同社の3G回線の信頼性の高さやエリアの広さをアピール。暗にライバルとなるソフトバンクのつながりにくいとされる通信品質との違いを強調した。

KDDIは、MNPで移行してくるユーザに10,000円をキャッシュバックするキャンペーンも実施する。iPhone 4Sの取り扱い店舗はKDDI(au)のウェブサイトに掲載されている。また、準備が整い次第順次拡大していく。

ソフトバンクは「iPhone 4S」向けの料金プランをまだ発表していないが、現行モデル「iPhone 4」のパケット定額は月額4,410円で、KDDIが本日発表した月額4,980円よりも安い。
ソフトバンクは顧客の流出を避けるために、KDDIより安価な料金プランを発表すると思われる。

This entry was posted in レポート and tagged , .