Apple、「OS X Mountain Lion」デベロッパプレビューをリリース=今夏終わり頃に一般公開

Appleは2月16日、OS Xの9番目のメジャーリリースとなる「OS X Mountain Lion」のデベロッパプレビューをリリースした。100以上の新機能を搭載し、iOSの機能や特性、アプリケーションなどを広く取り入れているのが特徴となる。Mac Developer Programのメンバー向けに公開となっており、一般公開は今夏終わりごろの予定だ。

OS X Mountain Lion

iOSとの融合・親和性が図られた次期「OS X Mountain Lion」プレビュー版が公開

「Mountain Lion」には、iOS機能のなかでもメッセージやメモ、リマインダー、Game Center、通知センター、Share Sheets、Twitterとの統合、AirPlayミラーリングがMacに導入され、さらに1億人以上のユーザを擁するiCloudが組み込まれる。

また、マルウェアからシステムを守る新セキュリティ機能「Gatekeeper」が装備され、アプリケーションの導入を安全に行うことが可能となる。

ほかにも、iChatに代わるメッセージアプリ「Messages」や、iCloudとの連携による「Documents in the Cloud」機能などのほか、Game Kit APIを始めとする数百もの新しいデベロッパAPIが加わっている。

 

[See Also..]

Apple、次期「OS X Mountain Lion」開発者向けプレビューを公開=一般公開は今夏終わり頃

OS X Mountain Lion、ソフトウェア・アップデート機能をMac App Storeに統合

ティム・クックCEO、ARM版MacまたはIntel版iPadを示唆

カテゴリー: Apple | タグ: , , , , | Permalink | 1件のコメント

<Photoshop CS6>Adobe、新UIや機能の一部をYouTubeで公開

Adobeは「Photoshop CS6」の新しいインターフェイスや新機能などをYouTubeにて紹介している。

背景スクリーンカラーがデフォルトでブラック基調となる次期「Photoshop CS6」は、Lightroom 4 betaと同じ画像補正エンジンやCamera Raw 7が搭載される予定であり、Adobeは今年5月頃の発売を目指して開発を進めている。

最新の“Sneak Peek”ビデオでは、CS5で登場した「コンテンツに応じた塗り(Content-Aware Fill)」機能のアップデートがプレビューされている。

新技術「コンテンツに応じた移動(Content-Aware Move)」によって、背景イメージからオブジェクトを選択して、移動したり取り除いたりすることが簡単にできるようになるとともに、新しいContent-Aware Fillでは消去したスペースにユーザが選んだ画像を埋め込むことも可能となる。

CS5よりも大まかな選択操作で複雑なオブジェクトをより正確に把握可能となり、オブジェクトの移動や拡大なども可能となる。

次期「Adobe Creative Suite 6」(Adobe CS6)の発売日は2012年5月頃が予想されているが、Adobeはパッケージ版からサブスクリプション(月払い)方式で提供する新サービス「Creative Cloud」への移行を促している。

 

[関連記事]

Adobe、「Creative Cloud」のサービス内容を公開

カテゴリー: Design | タグ: , , | Permalink | 4件のコメント

インテル、MacBook Air対抗「Ultrabook」PRビデオをアップルストア銀座付近で撮影

インテル日本法人は、「Ultrabook 体験者の声」と題するPRビデオをYouTubeで公開した。

主に2箇所のロケ地で撮影された動画を組み合わせたビデオに仕上がっているが、そのうちの1箇所はアップルストア銀座から目と鼻の先であることがわかった。

ビデオのなかでは銀座中央通りや4丁目交差点が確認され、また、もう一方のロケ地として青山学院の外塀が確認できる。特に、2分17秒時点から現れる男性のロケ場所は、アップルストア銀座店の目の前だ。

「Ultrabook」は昨年後半から市場投入されているが、このカテゴリではAppleのMacBook Airが先行しており、2012年末までにノートPCの40%がUltrabookになるというIntelの予測は達成困難とみられている。

インテル日本法人があえて銀座を選んだとするならば、先駆者であるMacBook Airに敬意を表したというよりは、むしろその本体価格の高さ故に、世界でもっとも地価の高い地を本能的に選んだようにも思える。

青山、銀座のロケ地で、学生や若い女性、主婦にターゲットをしぼった“体験者の声”コマーシャルは、Ultrabookをサラリーマンやプロ向けに訴求するというよりも、流行や見た目を重視する10代後半〜30代に売り込みたいという方針を表しているのかもしれない。

Ultrabookの価格が下落してコンシューマー向けにも求めやすくなるのは、2013年に入ってからとみられている。

カテゴリー: Around | タグ: , , , , | Permalink | コメントする